たったこれだけ!!あなたの部屋が宇宙に繋がる! 手のひらサイズ 分散コンピュータ 未来を創る小さな善意

0
202

- Advertisement -

このエントリーをはてなブックマークに追加

「企画紹介」

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて4月上旬、分散コンピューティング(以下、分コン)の準備を簡略化する機器の企画が始まりました。

三辺の合計が200mmほどの小型コンピュータで、名前を「OVER DROID(オーバー ドロイド)」といいます。(以下、OD)。

従来、分コンを試みる際に煩わしかった外部機器の設置、時間の掛かるサービスの吟味などがODでは予め用意されており、

今企画で入手できるOD本体機器に支援者さま自身が用意頂くものはLAN・電源ケーブルの二本だけ。たったそれだけでこれまでに例の稀な投資を体験できます。

 

突然「分散コンピューティング」や「小型コンピュータ」と言われてもピンと来ない方は以下もう少々お付き合い願います。

このブログを2分流し読みするだけで、あなたのこれまで知らなかっただけの妙ちくりんな世界を垣間見ることが出来ましょう。

知識だけでも持ち帰ってもらえれば筆者も書いた甲斐があります。ではいきましょう。

 

 

「企画詳細」

さて、繰り返しになりますが、サイト「Makuake」で企画の始まった「OVER DROID」分散コンピューティング専用超小型演算マシンには、

珍妙にして、面白いサービス・ポイントが幾つかあります。それら妙手の前に分コンについて、今一度まとめます。

分散コンピューティングとは、インターネット上に繋いだ複数のコンピュータを並列、横並びに演算処理をさせ、

総合的な計算能力でスーパーコンピューターに匹敵するものを作り上げるといった企みです。

その膨大な計算能力で、医療や宇宙など未だ解明されていない物事の理を解明することこそが分散コンピューティングに携わる有志一人ひとりの思いでもあります。

 

ここで一つ、なぜ、難解な研究なら始めからスパコンを用いないのか?

今あるものを使えばそれで良さそうじゃないか?などの疑問が生じるかもしれません。

しかしそれには理由があり、スパコンの「台数が限られていて」それでいて「費用が高く」「特定の使用者にしか」扱うことを許されていないのです。

その点、分コンの世界では用途の間口が比較的おおらかになり、様々な末梢研究にも役立つことがあります。

 

長くなりましたが、要すれば分コンは「使いやすく民間に寄り添い」、スパコンは「頂上の少数が専用する」手段となります。

分散コンピューティングには、(僭越ながら)われわれ一般の人達が背伸びをせずとも研究者と一緒に夢を見れる、そういったロマンが秘められているのです。

 

 

それでは、今企画「OVER DROID」にはいったいどんな思いが込められているのでしょう。以下のとおりです。

 

 

分散コンピューティングの魅力をもっとみんなに知ってもらいたい!(企画主談)

 

担当者さん曰く、「OVER DROID」を利用してもらい、分コンを見識する方が増え、更に分コンの精度が高まることを展望しており、

そのための「小さく扱いやすい装置」と「楽しんで分コンに参加してもらうための工夫」を提供予定であるようです。

 

 

それでは実際、どのようなクラウドファンディングがあるのでしょうか?

OVER DROIDを支援することで得られる利点はいくつかあります。通常、一個人が分散コンピューティングの世界に貢献する場合、形のある報酬はほぼほぼ得られません。

彼らの凄いところはそこです。「技術発展の役に立ちたい」その唯一心で何も顧みず、多くを求めず、誰にも知られず、こつこつと自身のコンピュータで貢献するのです。

しかしそれは 分散コンピューティングの未来を信じる熱心な彼らの話であり、尊敬こそすれ見習おうには難しきことです。なのでOVER DROIDを知っている私たち実はラッキーなんです。

 

一般的な分コン支援者と一味違って、さらにお得な立場である理由、

其の一「小型演算マシンにまかせて、主力のコンピュータを提供する必要はない」

 

OVER DROIDはその機器単体で分散コンピューティングの片棒を担げます。必要なのは”電源ケーブル”と”LANケーブル”の二本だけ。特に何も面倒くさいことはありません。

 

其の二「かわいい女の子六人が主人公の物語があなたの影響で変化する」

OVER DROID は現在6種類あり、そのそれぞれに該当したキャラクターたちが構築されています。

人間たちが荒廃した宇宙!個性それぞれ六人のオーバードロイド船団!知的生命体を見つけるため銀河を旅する探索冒険浪漫譚の物語が漫画やアニメなどでこれから生れていきます。まだ公開されていない雛形ではありますが、

あなたのひと押しで彼女らの物語を変えることができるのです。たった少しの分散コンピューティングの余剰でそれは実現可能になるのです。

 

上記これらは今企画に参加していない他の分コン支援者の方々に出来ることではありません。それに特別な理由はありません、ただ、OVER DROID を知っているか知らないかそれだけです。

この記事を読んでくれたあなたはどちらでしょう?

 

「クラウドファンディングで入手できるあれこれ」

超小型演算マシンには選択肢が6つあります。

前にも触れましたが、OVER DROIDは6機種あり、「1機種」から、「3つセット」、あるいは「6つ全部」が入手可能です。一機種あたり17,820円からあり、セット数が増えるほど割引で安くなります。

 

選ぶ基準は2点あります「あなたが興味のある分野」そして「あなたが応援したくなるキャラクター」です。

 

支援する分野は「重力波データの解析(Einstein@Home)」 もしくは

地球外知的生命体の探査(SETI@home)」で、

 

前者の分野で選べる三人は No.1『カグラ』、No.2『ライコ』、No.3『ウルコ』です。

 

後者の分野で選べる三人はNo.4『スバル』、No.5『アルマ』、No6『シホ』です。

アイスソード社のホームページでは隊員ごとの小さな秘密も描かれており、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。

「どちらの分野か選べない~」というかたは隊員で決めてみるのもまた面白いかもしれませんね。

 

「まとめると」

どうでした、分散コンピューティングの世界というのは。

内緒ではありますが、ここで楽屋裏話てきなことを申しますと、

現在アイスソード社では、宇宙科学系プロジェクトの他に

医療系分コンプロジェクトであるWCGにも加入されています。

提携ユーザはWCGの貢献度に応じて、ポイント(FNC)が貰えます。ポイントは独自の通貨となり、該当製品をその通貨で取引可能です。現在でも、実機PCなどをWCGの分散コンピュータとして繋げば貢献ポイントは貰うことができます。(OVER DROIDでは支援分野の違いから現在、貢献ポイントサービスは非対応です)

さらに、聞けばアイスソード社では現在 WCG専用かつFNC取引対応可能な新端末が開発中であり、使用方法はOVER DROIDのようにケーブルを挿すとそのまま貢献できるそうです!

 

宇宙科学系分コンプロジェクト:専用小型マシン『OVER DROID』より貢献可能。貢献度により、OVER DROIDキャラクターたちの物語に変化が。

 

医療系分コンプロジェクト:自身で用意したパソコンより貢献可能。現在でも貢献度により独自通貨が貰える。そして専用演算マシンの開発が進められている。

 

この両方を提供しているのはアイスソード社だけ。この記事も上記サービスも見つけて良かったと思える日がいつか来ます。たぶん絶対。

 

本サイトでも随時追って情報を入手するつもりではありますが、読んでいてそれでも待ちきれないというあなたはこちらアイスソードへGO!最新の状態が確認できます。また、記事に関するお問い合わせもバシバシ受け付けております。私たちと一緒に分散コンピューティングの未来を追っていきましょう!

 

 

「終わりに」

どうでしょう、分散コンピューティングの世界というのは。

これまで知っていた方、全く知らなくて今認知した方、話がややこしくて分コン自体を完全には理解できてない方、どちらであってもなんら問題はありません。

ここまで来た方々の共通点は一つです「OVER DROIDというシステムを知っている」

そのことは今後興味の分野を広げてくれますし、今回は前のめりになれなくともそういった可能性があることを知った他にない知識を手に入れ、そうなってくれれば筆者としてもとてもうれしく思えます。

 

では、ここらで、ここまで読んでくれてありがとうございました。

また、この熱の冷めやらぬうちにお会い出来ることを。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
- Advertisement -

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here