名作復刻!!OVER DRIVEが送る青春疾走ADV!あなたの援助でスマホに登場!!

    0
    199

    - Advertisement -

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    「キラキラした青春はお好きですか?」

    クラウドファンディングCAMPFIRE で今回、企画が始まったのは往年の良作と名高いPCゲーム『キラ☆キラ』のスマホアプリ化だ。ただの移植ではなく、支援者用SP配信には当時のファンたちも楽しめるオプションが詰まっている。

    何でも、2010年の暮れに一度アプリ化されたこの『キラ☆キラ』は現在では製作会社の業績不振により、サポートが途絶え、現在では権利者であるOVER DRIVE 社にしわ寄せがよっている状態らしい。『キラ☆キラ』の内容も踏まえて言えばすげぇハードロックな状態だ。

     

    クラウドファンディングで集まった資金はすべて開発費に回され、今年の10月頃にリターン予定とのことだ。

     

    「30000件のAppダウンロードがされた魅力的な作品」

    前にも触れたとおり、2010年に一度スマホ版でリリースされた今作品『キラ☆キラ』は当時価格2200円で販売された。レーティングが17歳以上にもかかわらず、その直後、被災地支援に価格を抑えて公開したところ、総合、3万ダウンロードを果たした。3万人のユーザが『キラ☆キラ』を待っていたわけだ。

    ちなみに今回開発されるiOS/Android 版は全年齢対象になる。それもまた一つの利点である。

     

    大人向けの今作品のテーマは

    ”「生きていたくない、でも死んでも迷惑がかかる。ならばなるべく、生きているわけでも死んでいるわけでもない状態になろうとした」という人生から、初めて自分の人生を受け入れること。”引用

    にあると言われていて、奇しくもそれは「人生への愛着の獲得」それが当時の世情に訴えるものがあったとも考えられるが、それは考えすぎだろうか。いや単純にいい作品には人はついてくるということが言いたいだけだ。

     

    「『キラ☆キラ』だけじゃない!同企画内で他作品がたくさん」

    今回のクラウドファンディングでは青春恋愛ロックンロールノベル『キラ☆キラ』の他にもOVER DRIVE社で発表されたPCゲームたちがある。以下は同社による作品と開発の条件だ。クラウドファンディングならではで支援が拡大するぶんタイトルが追加されていく。

    『キラ☆キラ』

    クラウドファンディング269万円(100%)達成後、iOS & Android移植決定。

    支援者SPエディションにはサウンドモードの強化(+10曲追加)が決定されている。

     

    言わずと知れた学生ロックバンドのロードムービー。

     

    『DEAR DROPS』

    クラウドファンディング 369万円達成、もしくは、100%達成した場合に限り、OVER DRIVE社でダイレクト支援、残り100万円を補填。その後、iOS & Android移植決定。

    支援者SPエディションにはサウンドモードの強化(+10曲追加)が決定されている。

     

    ’音楽’ ’バンド’ ’青春’の要素を踏襲した本作は『キラ☆キラ』より更に人間関係に焦点をあてている。『キラ☆キラ』に対する「挑戦者」として経歴を残してきた作品。

    主人公の菅沼 翔一

    ギタリストの大場弥生の水遊びであったり、

    幼馴染でVoの女子と語り合ったりもする。

    『超電激ストライカー』

    クラウドファンディング569万円達成後、iOS & Android移植決定。

    支援者SPエディションでは棒人間モードが選択可能。

    前二作とは路線を変えた 魂帯電 劇場型ADVの本作品。

    協力して足が光る

    某アメコミ・ヒーロー顔負けの自己犠牲

    ときには闇夜にかけることもあるだろう。

     

    『d2b vs DD』
    クラウドファンディング696万円達成後、iOS & Android移植決定。

    『キラ☆キラ』と『DEAR DROPS』のメンバーが夢の対決。

     

     

    「終わりに」

    一つ考えるべきなのは今回のクラウドファンディング形式がAll-or-Nothingであることだ。

    この形だと支援総量が規定に届かない場合、企画自体が止まってしまうことがある。

    支援可能な一口でも人によれば充分なリターンを望めるだろう。この機会にぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょう。

     

    では、ここらでまた、熱の冷めやらぬうちに。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    - Advertisement -

    返事を書く

    Please enter your comment!
    Please enter your name here