日々の音楽に純潔を!!! 無垢材 100%組み立てなしの木製無電源スピーカーを夢体験!!??

0
277

- Advertisement -

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の音楽に純潔を!!! 無垢材 100%組み立てなしの木製無電源スピーカーを夢体験!!??

 

古来、日本人の純潔思想は江戸時代に端を発しているという説がある。江戸幕府から伝搬したその思想は武士の間だけでなく、片や町人・農民にまで届き、当時では軽んじられていた人や物に対しての慎重たる価値観の発想が生れたのである。その趨勢は現代にまで続き、純真無垢という誇らしい名代は神仏の傍らに価する。つまり現代日本において、無垢とはそれだけで何者にも代え難いものに昇華する運びとなった。

 

さて、木材においての無垢とはなんだろう。その呼称を無垢材といい、単種の木のみを原材に、丸太から切り出した木塊である。合板や集成を一切用いていない。特徴としてさながら生きているような働きで順応性の高さを評されている。本稿で紹介する木製スピーカ『MUKUNE』はその無垢材を用い、更には継ぎ目の一切をも精錬した無電源増幅装置である。

 

www.makuake.com/project/mukune/#wrap

 

「三次元加工の最新技術を利用した無電源スピーカー」

クラウドファンディングサイトMakuake で発表された木製無電源スピーカ『MUKUNE』はその名の通リ「無垢」な「音」から名付けられている。開発元の杉山木工では最新の技術と工場の鋭力を惜しみなく投入し、小さなスピーカーを一つ一つ作り上げている。具体的に最新の技術というのは杉山木工の誇る、5軸NCルータで三次元的に響孔を削り上げた職人技のことである。しかもその一部始終を映像として公開している。下がそれである。

 

 

 

無電源スピーカ『MUKUNE』の製造は一本の丸太から始まる。写真のブナの木は一般的な特性として、衝撃に強く、重厚な素材が挙げられる。対応する音域が比較的広く、『MUKUNE』デザイン内ではポップスや映像音楽などに適しているとされている。

 

ブナの丸太を製材して一枚の板にする。写真では色合いが乳白色~ 黄白色である。リターンとして『MUKUNE』は一つ一つ色合いが異なるため、実際は手元に来るまでの楽しみとなるだろう。

 

杉山木工では平素より、曲線的な家具や空洞を設計する楽器などを加工しており、その技術を活かしたのが無電源スピーカ『MUKUNE』である。

 

画中の紺・橙の機械はNCルータといい尖端にあるドリルのようなものが『MUKUNE』の命でもある響孔部分を削っている。

 

5軸NCルータでは削る線上を設計し、響孔を円柱ではなく錐形に彫っている。音響効果を考えた最大限の構造で10dB ~ 20dBの増幅を楽しめるようだ。しかも無電源で。

 

一つの木塊を削り出すという形を取っているため、完成品に一切の継ぎ目がない。そのため結合部などから生じる音のズレやノイズを無くすことに成功したと語る。

 

削り出し自体は設計後、コンピュータ制御で製造されるため、クラウドファンディングで多数の支援者が出ても安定供給が見込める。

 

 

とはいえ『MUKUNE』では仕上げや細かな作業工程は手作業だ。

 

裸材における角の鋭い部分や表面の滑らかさは人力で調整される。それを担うのは杉山木工の職人たちであり、『MUKUNE』は安全面においても信頼が高いといえる。

 

現在、リターンされる『MUKUNE』三種類はそれぞれ得意な音楽ジャンルがある。後述するが 材木に伴いそれぞれ色が違い、支援者はその見た目から選ぶのにも趣があるだろう。

 

内部の掃除、オイル仕上げなども最後は人の手で確認される。

 

音響のデモは以下の動画だ。動画中の『MUKUNE』の素材はパドークで高音域の頻出するクラシックなどに適したスピーカだ。

 

動画を聴けば判るが、単に音の増幅だけでなく、コンサート会場のような積み重なるような響きを演出している。動画の音声加工は一切ないという。

 

 

「今だけお得!リターンはこちら」

・MUKUNE(ムクネ)-スタンダードバージョン

・MUKUNE-カバー対応バージョン

・MUKUNE-iPhone以外のスマホ対応バージョン

ーーーーーーーーーーーオプション

・「MUKUNE」ロゴ入れ(本体別)

・名入れレーザー加工(本体別)

 

リターンは主に『MUKUNE』本体だ。メリットとしては一般流通より先に安く手に入れられることだろう。『MUKUNE』はそもそもiPhoneシリーズに対応した設計となっている。その中でカバー付きのまま差し込みたい希望があれば、対応バージョンも考案されている。

値段はスタンダードが一番安く6804円~ AndroidoなどiPhone以外のVer は9720円となっている。木材の種類はブナ・ウォールナット・パドークからお好きなものを選べる。

得意な音域は上記のとおりだ。天然素材による色味・木目・節の変化を除いた基本的なデザインは一緒だ。

 

またAndroid などの端末でも条件に合えば、使用可能だ。その場合はクラウドファンディングサイトMakuake の『MUKUNE』ページにて「実行者へお問い合わせ」をすれば対応してくれるということで、気になる方はまずは連絡してみるといい。該当ページ緑の枠の所だ。https://www.makuake.com/project/mukune/#wrap

 

「まとめ」

上述したとおり『MUKUNE』は無電源でしかも木製のスピーカーだ。サイズも手のひらに乗るくらいにはコンパクトだ。それはつまりどういうことかというと場所や環境を選ばない装置として持ち運びが自由ということになる。

おびただしい数の電子機器に囲まれた現代生活のなかで、無電源の、無垢材で作られた、無垢の音を体験してみてはいかがだろうか。

それでは次回、また熱のさめやらぬ内に。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
- Advertisement -