次世代の求人・転職はここが便利!!!人材のるつぼで天職を新発見!!

0
95

- Advertisement -

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

次世代の求人・転職はここが便利!!!人材のるつぼで天職を新発見!!

一昔前で言うところの Emailやイベント情報誌などの媒体はそのままに、今日ではメッセージやSNSなどのデジタルサービスが伝達ツールとして補填された。技術向上の共通点は反応が即時的になったことだ。企業で開催された自社イベントなども、以前は担当者がその日の記録を振り返り、編集に推敲を重ねて、数日後の締切に合わせ、社外の人間には時間差で初めて情報が届くことだった。然し今はどうだろうか。企業の広報にツイッターやFacebookなどのメディアがついていれば当日リアルタイム実況ですら可能である。反応が即時的になったことで情報量が膨大に増えた。その企業や催事に興味を持つ人間としてはありがたいことこの上ない改革である。

クラウドファンディングサイトMakuake で現在発表中のWebサービスの名前は「Talent Cloud」である。これは平たくいえば求人サイトの利便性とSNSの気軽さを踏襲した今世代向けの採用支援ツールだ。サイトでは個人が企業をフォローするだけで、直接登録企業の人事担当者とツイッターのDMのような形式でコンタクトが取れる。気軽で簡単だ。また企業採用も元来の応募者を募る形式とは異なり、企業の方から個人へと誘致を行うそうだ。そのため時期を問わず、必要に応じて逐次人員が求められる。採用シーズンの固定概念ですら情状次第である。

 

「個人はTalent Cloudに何を登録すれば良いのか。」

正確に言うとサービス自体は未発表のままであるため、細かな登録要項などを追跡することはできない。「Talent Cloud」開発元TalentCloud の公開情報を確認すると、一般の求人サイトと同様の自己PR、経歴などを登録するなどしてサービスを利用する。お気に入りの企業を「フォロー」することで、自己の存在を明らめて招致を待つといった流れだ。

サイト構築やコンタクト手段などが「TalentCloud」として独自に統一されているため、ショッピングサイトで好みの品を定めるときのように、目を通しやすい。また募集形式が直接的なため、人材紹介を通すような契約より本質的に社員として選考される可能性も低くはない。

 

 

 

「企業はTalent Cloud をどう活用すればいいのか」

これはSaaSとして提供しているプランの動画だが、分かりやすくまとまっているので下記をご参照。

 

求職者は「Talent Cloud」を用いて、希望の職種を探す。

 

各企業のホームページや会社説明欄を拝見して、情報詳細を図る。

 

各人は「Talent Cloud」でタレント登録として企業にアプローチする。

 

タレント登録された求職者はタレントプール管理画面 にリストアップされる。

 

登録されたタレントの素体に合うような情報を一括配信できる。

 

タレントプールに追加された人材は、企業への興味を持ち続ける限り、応募ごとに解散されることもなく継続してつながりを持ち続けることができます。

 

採用担当者は企業アカウントに複数設定することもでき、人事間の規格も統一して流動的な職務にできる。

 

個人/企業間のコミュニケーションは互いのアカウントを通して行われるため、複数アプリにまたがる乱雑さも取っ払われる。

 

気軽さを重視したユーザビリティで「Talent Cloud」では即時的なやり取りができる。

 

過去の応募者たちとも継続したつながりの中、企業への興味が已然としているかの確認もとれる。

 

密なコミュニケーションは求人・求職のタイミングを合わせる機会ともなる。

 

応募者の机上の能力だけでなく、フットワークの軽さであったり、人柄なども判断材料に入れやすい。

 

個人は「Talent Cloud」内の規格で統一された各社のHPを閲覧し、企業のイメージをより掴みやすく、他社との違いが判りやすい。

 

 

採用管理アカウントは初期機能に加えアップグレードもでき、Talent Cloudの考案した細かな付随機能や求職者の流入形式を向上することも出来る。

 

 

「まとめ」

「Talent Cloud」を利用すると求職者や転職希望者などの情報収集、企業とのコンタクトがやりやすくなるのでお得だ。また毎年度変わる求人サイトとは異なって同アカウントを継続的に利用でき、働きながら求人チェックする人にもおすすめだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
- Advertisement -